彫刻科

彫刻科生徒作品

彫刻科

実感へ。



彫刻科では粘土を中心に様々な素材を使って彫刻を学びます。
VRやデジタル造形が身近になった今、立体を『みる・さわる・感じる』力が求められています。
受験を通して学ぶ、造形の基礎はつくることの楽しさにつながり、未来の仕事への土台となります。
生徒一人ひとりのやりたいことの実現のために、代ゼミ講師一丸となって一緒に志望校合格を目指します。

昼間部授業時間
夜間部授業時間



合格をつかもう
芸大美大の入試はどんどん多様化してきており、課題の為の付け焼き刃の技術では対応できなくなってきています。代ゼミでは基礎からしっかり指導します。本質を探る授業が実力となり、大学合格につながります。

個性に沿ったカリキュラム
好きなものが違えば得意なことも違います。苦手なことだって人それぞれ。講師と学生がしっかりとコミュニケーションをとり、実技における問題点を明確にします。学生それぞれと面談や実技相談を行い個別カリキュラムを組み、各自の課題を克服しながら魅力を伸ばし、一緒に志望校合格を目指します。

表現力を将来に繋げる
「立体作品を作りたい」「自由に作品を制作したい」と思いませんか。それには受験期の力だけでは終わらない確かな知識と基礎力が必要です。授業ではアトリエスペースを広くつかい、彫刻をはじめ、様々な表現と芸術的感覚を養う課題を用意しています。

説明



油日彫授業時間